※当サイトはプロモーションが含まれています

看護師ワーカー(旧医療ワーカー)とeナースセンターはどっちがおすすめ?4つの項目で比較!

看護師ワーカー 医療ワーカー eナースセンター 比較 看護師求人 看護師転職 料金 口コミ 評判 看護師求人転職一覧

人気の看護師求人である「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」を4つの項目で比較してみました。

今回は、看護師求人サイトを利用する際に基本となる「1.サービス」「2.雇用」「3.口コミ評判」「4.会社の信頼性」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」を4つの項目で比較しました!

1.サービスで比較 公開求人数、非公開求人の有無、登録料、コンサルタントの有無、相談方法、特徴などで比較してみました。
2.メニューで比較 対応エリア、対応職種、対応施設、対応年齢、対応雇用形態、対応診療科目などで比較してみました。
3.口コミ評判で比較 それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。
4.会社の信頼性で比較 会社の信頼性で比較してみました。

上記の4つの項目で、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)とeナースセンターを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」をサービスで比較!

比較項目 看護師ワーカー(旧医療ワーカー) eナースセンター
公開求人数 60,000件以上 23,960件
非公開求人の有無 あり なし
登録料 無料 無料
コンサルタントの有無 あり あり
相談方法 電話・メール・LINE 電話・メール・対面
特徴 好条件の非公開求人あり
看護師専門アドバイザーによる無料サポート
面接対策から給与条件交渉まで支援
都道府県看護協会による無料職業紹介事業
再就業支援やスキルアップ研修などを開催
ライフスタイルや条件に合った求人検索

「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」のサービスの違いは、公開求人数非公開求人の有無相談方法特徴です。

公開求人数は、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は60,000件以上です。eナースセンターは23,960件です。

非公開求人は、eナースセンターはありませんでした。看護師ワーカー(旧医療ワーカー)には非公開求人があります。

登録料は、どちらも無料です。

どちらもコンサルタント制度があり、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は、電話、メール、LINE、eナースセンターは、電話、メール、対面で相談ができます。

特徴としては、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は、好条件の非公開求人や看護師専門アドバイザーによる面接対策があり、eナースセンターは都道府県看護協会による無料職業紹介で、再就業支援やスキルアップ研修などを開催しているようです。

充実した好条件の非公開求人や面接対策から給与条件交渉まで支援してくれる看護師ワーカー(旧医療ワーカー)に対し、公的な無料職業紹介事業で看護師の就業を支援するeナースセンターという違いがあるようです。

2.「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」を雇用で比較!

比較項目 看護師ワーカー(旧医療ワーカー) eナースセンター
対応エリア 47都道府県 47都道府県
対応職種 保健師、助産師、正看護師、准看護師、産業保健師、認定看護師、公務員、看護教員、救急救命士、不妊カウンセラー 保健師、助産師、看護師、准看護師
対応施設 病院、クリニック、介護関連施設、企業、デイサービス、総合病院、一般病院、療養型病院、ケアミックス病院、精神科病院、介護老人保健施設、有料老人ホーム、健診センター、大学病院、保育園、地域包括支援センター、美容クリニック、国立病院、リハビリ病院、透析クリニック、その他 病院、診療所、助産所、介護施設等、訪問看護ステーション、看多機保健所、保健センター会社、事業所学校、養成所等救護(イベント等)、その他
対応年齢 記載なし 記載なし
対応雇用形態 正社員、常勤(夜勤あり)、常勤(日勤のみ)、常勤(夜勤のみ)、期間限定契約(応援看護師)、非常勤(パート)、夜勤バイト、派遣 常勤(正規雇用)、常勤(正規以外の雇用)、非常勤、臨時雇用
対応診療科目 内科、整形外科、外科、リハビリテーション科、循環器科、血液内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、腎臓内科、心療内科、糖尿病内科、内分泌内科、老年内科、救命救急科、形成外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、小児科、総合診療科、精神科、人間ドック・検診、泌尿器科、皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科、肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科、歯科、呼吸器科、消化器科、緩和ケア科、産科 病棟外来、オペ室、透析、ICU、小児、周産期救急センター、看護管理、その他(病院、診療所のみ)

「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」の雇用の違いは、対応職種対応施設対応雇用形態対応診療科目です。

対応エリアは、どちらも47都道府県です。

対応職種は、どちらも看護師、准看護師、助産師、保健師が対象となり、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は産業保健師、認定看護師、公務員、看護教員、救急救命士、不妊カウンセラーも対象としています。

対応施設は、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)・eナースセンターともに、病院、クリニック・診療所、介護関連施設を対象とし、さらに看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は、企業、健診センター、保育園、地域包括支援センター、美容クリニック、透析クリニック、eナースセンターは、助産所、訪問看護ステーション、看多機保健所、保健センター会社、事業所学校、養成所等救護(イベント等)も対象としています。

対応年齢は両方とも記載がありませんでした。

対応雇用形態は、どちらも常勤、非常勤が対象となっています。

この他、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は、正社員、期間限定契約(応援看護師)、夜勤バイト、派遣、eナースセンターは臨時雇用も対象としています。

対応診療科目は、どちらも小児科を対象としていました。

さらに看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は、内科、整形外科、外科、リハビリテーション科、循環器科、血液内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、腎臓内科、心療内科、糖尿病内科、内分泌内科、老年内科、救命救急科、形成外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、総合診療科、精神科、人間ドック・検診、泌尿器科、皮膚科、美容皮膚科、病理診断科、婦人科、放射線科、麻酔科、肛門科、リウマチ科、胃腸科、アレルギー科、口腔外科、歯科、呼吸器科、消化器科、緩和ケア科、産科、eナースセンターは病棟外来、オペ室、透析、ICU、周産期救急センター、看護管理を対象としていました。

3.「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」を口コミ評判の人気度で比較!

【看護師ワーカー(旧医療ワーカー)の口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、看護師ワーカー(旧医療ワーカー)の口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。


履歴書や面接などのサポートに強いという口コミです。

1年目での転職で履歴書の書き方や面接対策が不安だったため、手厚いサポートが受けられる看護師ワーカー(旧医療ワーカー)にしたそうです。

面接のアドバイスやサポートが手厚いレバウェル看護派遣(旧看護のお仕事派遣)なども人気です。

★★★★★
求人サイトに3社登録していた中、唯一事前に顔を合わせて案件の紹介をして頂きました。

その際の私の印象を含め、希望病院へエントリーシートを送って下さったりと、経歴だけではなく人柄も見て、その人にあった所を紹介して下さる、他では経験のなかった素晴らしさに感動しました!

転職も急いで探している旨を理解して頂き、病院側との交渉も迅速な対応でした。

自身では交渉難しいような金銭的な事も、上手にお話を進めて下さり、本当に感謝しております!!

転職に対し「熱意」を持って望めば、コンサルタントの方にも伝わると思います!!-(みん評より引用)

経歴だけではなく人柄を見て最適な病院を紹介してくれたとの口コミです。

転職を急いでいることも理解した上で、病院側との交渉も迅速に行い、自分では交渉が難しい金銭面についても上手に話を進めてくれたそうです。

★★★★★
希望100%の病院を探すことはできなかったんですけど、おおむね満足ができる病院を紹介してもらいました。

以前使わせてもらっていた求人サイトは、記載されている内容と病院で働き始めてからの内容に違いがあり、特に残業については困っていました。

転職をする機会があったんで、いろんなサイトに登録して、気になるところすべてをコンサルタントに聞いてみて、納得がいくサイトを利用させてもらおうとまず考えました。

どこのサイトも丁寧に気になったところの答えを答えてくれたんですが、ここはコンサルタントとすごく波長が合い、しぶしぶ答えているようでもなかったんで、使わせてもらうことにしました。

残業はもちろん、待遇についても口うるさく聞いていたんで、コンサルタントにはとても迷惑を掛けましたが、気に入った病院を探すことができてよかったです。-(みん評より引用)

満足できる病院を探してくれたという口コミです。

残業や待遇について細かく条件を提示し、気に入った病院が見つかったそうです。

転職に細かい条件がある場合は、ナース人材バンクなども登録してみてください。

★★★★★
諸事情により、次の勤務先が決まる前に退職届を出してしまいました。

紹介業者2か所登録し、そのうちの一か所がこちらでした。

別の業者は登録後、1週間くらいは親切、丁寧でしたが、その後連絡も途絶えがちに。

こちらは、しつこいくらい何か所も紹介してくれました。

電話がほぼ毎日くるので、最初は「しつこいかも!」と思いましたが、切羽詰まった時には、そのしつこさが、ありがたかったです。

お陰様で無事に決まって一安心できました!-(みん評より引用)

あきらめずに求人を紹介してくれたという口コミです。

ほぼ毎日電話があり、担当者の熱心なサポートで転職先が決まったそうです。

面接から入職後までサポートしてくれるナースではたらこなども人気です。

☆☆☆☆☆
初めは電話で相談。〇月頃に転職したいと伝えるが早く応募しないといい求人がなくなるだの〇月だといい求人がないと思うなどと言って、今出ている求人をすぐに勧めて面接じゃなくていいので見学だけでも行ってみてと話を勝手に進める。
〇月頃がいいのでと何回かいうと、長期に就職活動になるので私は担当ではないと言い出した。
この担当は短期の担当だからすぐにでも転職させたかったのか、、と思った。こっちの要望を適当に当てはめて適当な病院を紹介させられるところだった。
電話での応対も不愉快だったので、以後連絡とりませんでした。

連絡してないのにもかかわらず〇月付近になった途端、電話を頻繁にかけてくるようになった。番号変えて何回も。今の所、6つの違う番号からかかってくる。

本当にしつこいし、電話してみて不愉快と感じる担当だったら看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は使わない方がいいと思う。-(みん評より引用)

勝手に話を進められたという口コミです。

事前に伝えていた転職時期になると頻繁に電話がかかってきたことから、担当者の引継ぎはされていたものの、しつこさが不愉快と感じたようです。

すぐの入職を希望していない方は、希望の病院を逆指名できるナースジョブなどもチェックしてみてください。
【eナースセンターの口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、eナースセンターの口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。


丁寧に対応してくれるという口コミです。

無料登録後、すぐにコールバックをしてくれるそうです。


転職活動が比較的やりやすかったという口コミです。

すべての求人情報もサイト上で見れるので転職活動がスムーズなようです。

常勤か単発かを選べて検索しやすいMCナースネットも人気があります。


ライフスタイルに合わせた求人検索ができるとの口コミです。

待遇や時短勤務など、小さい子どもを抱えての転職活動でも条件にあった求人が見つかるようです。

今後のライフステージなども視野に入れて相談に乗ってもらったという口コミがあったマイナビ看護師、悩みや不安など色々な相談に真剣に乗ってもらえるとうきょうナースステーションもおすすめです。


点滴や採血などの技術的な研修もあるという口コミです。

再就業支援研修があるので、ブランクがあり再就職が不安な方でも最新の知識や技術を学ぶことができるようです。

退職から入職までを一括サポートしてくれる看護roo!(看護ルー)や看護師が選ぶ人材紹介会社No1の看護プロも人気があります。


登録して1年経っても何の音沙汰もなかったという口コミです。

地域性もあるかもしれないものの、手数料がかからないのは本当に魅力的だと感じているそうです。

転職エージェントからの数多くの求人を紹介してほしい方は、公開求人数の多いレバウェル看護(旧看護のお仕事)ジョブメドレーなども無料登録してみてください。

4.「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」の会社の信頼性で比較!

看護師ワーカー(旧医療ワーカー)の運営会社、株式会社トライトは株式会社トライトキャリア、株式会社トライトエンジニアリング、株式会社HAB&Co.とともに2004年にグループを設立しました。

「ひとりの明日を変えることから、社会の未来を変えていく。」というビジョンを掲げ、人材不足という社会課題とそこに起因する課題解決に挑んでいます。

また、各業界への高い知見を持ったキャリアアドバイザー・社員たちが、求職者・法人双方に、親身に寄り添ってサービスを提供しています。

女性のキャリア形成や障がい者雇用にも力をいれており、ダイバーシティ&インクルージョンにも積極的に取り組んでいるようです。

eナースセンターを運営している公益社団法人日本看護協会は、1946年に「日本産婆看護婦保健婦協会」として結成され、1951年に現在の名称になりました。

看護職の資格を持つ個人が自主的に加入して運営する、日本最大の看護職能団体です。

「看護の質の向上」「看護職が働き続けられる環境づくり」「看護領域の開発・展開」を基本理念に掲げ、さまざまな活動を展開しています。

都道府県看護協会による無料職業紹介事業eナースセンターでは、最新の医療・看護に関する講習や技術演習、体験研修、看護職同士で気軽に交流ができる交流会なども開催しているようです。

いずれの看護師求人エージェントも、信頼性のある会社と言えます。

「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」をおすすめの方はこんな人!

  • 非公開求人の中から自分に合った職場を探したい人
  • 担当者とこまめに電話連絡を取りたい人
  • 面接から条件交渉まで一括サポートを希望する人
  • プロ目線で自分に合った職種を提案してもらいたい人
  • 残業の有無や待遇面で細かい希望がある人

「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」は、公開求人だけでなく非公開求人も充実しています。

競争率が低い非公開求人の中から、自分の希望に合った職場をじっくり探したい人におすすめです。

担当者と直接会って面談できるので、自分の希望を伝えやすく、転職の不安や悩みも気軽に相談できます。

経歴やキャリアだけではなく、人柄も見て紹介してくれるため、自分では想定していなかった職種も検討するなど、新たな挑戦ができる魅力もあります。

また、自分の希望に沿った病院へエントリーシートを送ってくれるなど、応募段階から手厚いサポートがあるという口コミも見られました。

給与や待遇などの条件交渉もサポートしてくれるため、細かい要望がある人や、満足度の高い転職先を見つけたい人自分で交渉がしづらい人にもおすすめです。
看護師ワーカーの公式サイトはこちら

「eナースセンター」をおすすめの方はこんな人!

  • 専門知識がある機関で再就業支援研修を受けたい人
  • スキルアップやセカンドキャリアを目指したい人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • サイト上で全ての求人情報を確認したい人
  • 訪問看護・看多機の職種を探している人

「eナースセンター」は、公的機関である日本看護協会が運営しています。

再就業支援研修(最新の医療・看護に関する講習や技術演習)を行っており、ブランクがあり再就業が不安な人におすすめです。

また、スキルアップ研修やセカンドキャリア研修も実施しているため、新しい領域にチャレンジしてみたい人にも向いているようです。

「eナースセンター」は、転職エージェントサイトではないため、専任コンサルタントなどが付きません。

事業所に直接応募するため、自分のペースで転職活動をしたい人に適しています。

全ての求人を見ることができない看護師転職サイトもありますが、eナースセンターでは全ての求人が公開されているため、事前に求人情報をしっかり確認したい人にも支持されています。

訪問看護や看多機の求人も網羅しているため、それらの職種を希望する方にもおすすめです。
eナースセンターの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気の看護師求人「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」と「eナースセンター」の違いを4つご紹介してきました。

看護師ワーカー(旧医療ワーカー)とeナースセンターは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「ナース人材バンク」と「看護師ワーカー(旧医療ワーカー)」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「ナース人材バンクと看護師ワーカー(旧医療ワーカー)はどっちがおすすめ?4つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました