採用を勝ち取る履歴書の書き方

正しい履歴書の書き方

point.1 日付

履歴書を書いた日ではなく、ポストに投函する日、持参の場合は面接する日付を記入しましょう。

point.2 写真

3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用しましょう。スナップ写真やプリクラはNG。
第一印象に大きな印象を与えるので、きちんとした服装・髪型で!

point.3 学歴

「学歴」を中央に書いて、小中学校については卒業年のみ、高校以降については入学・卒業年を記入します。学校名・学部・学科名などは正式名所で記入しましょう。

point.4 職歴

学歴から1行空けた中央に「職歴」と書き、入社・退社歴を明記します。
パート・アルバイト・派遣でも3ヶ月以上の長期で働いた物に関しては書きましょう。(学生時代は除く)
最終行の右側に「以上」と記入します。

point.5 資格・免許

上から順に、取得した時期の古いものから、略称ではなく正式名称で書き入れます。少しでも仕事に活かせそうなものは記入して、できるだけ多く出すとよいでしょう。但し、あまりにも仕事と関係性が薄いものや、英検3級や珠算4級のような、あまり級位の高くないものは却って書かない方が無難です。「免許・資格に関する特記事項」にはその資格がどう業務に役立つか、またはどうして取得したかなどを書き、アピールを。

point.6 動機

あなたの経歴や長所・短所などに目を通してきた面接官は、「どうしてこの人は当院に応募してきたのだろう?」と思うもの。たくさんある病院からそこに応募しようと思った動機について、その就業先の特徴に触れながら、うまく自分自身の目標・これから経験したい内容や、キャリアと結びつけられる内容を心がけましょう。間違っても空欄や、「貴院に将来性を感じた為」といった内容を書くことのないように。前職の退職理由に触れるときは、愚痴っぽくならないよう、前向きな言い回しに変える事を心がけましょう。

間違った履歴書の書き方

point.1 日付

日付を履歴書を書いた日で投函する。もしくは、以前の使い回しで対応することはもちろんNGです。

point.2 写真

プリクラ写真やレジャーで撮影したもの、色付きのメガネ等も避けたほうが良いです。また、写真もきちんと枠内に収まるようにきちんと貼りましょう。

point.3 学歴

大学の学校名・学部名が長い場合でも「同情」や「〃」「ゞ」という略式での記載は行わないようにしましょう。高校からは入学年月も記載が必要です。

point.4 職歴

会社や病院も正式名称で記載するようにしましょう。退職に関しても略式で記載せず正しい記載が必要です。また、最後の職歴が分かるように、1行下に「以上」の文言も必須です。

point.5 資格・免許

職務に関係ないものに関しては記載の必要はありません。

point.6 動機

志望動機・自己PR欄は、書類選考をする場合に最も合否を分ける部分です。
具体的に自分ができることや、やりたいことを記載できればなお良しです