看護師面接必勝マニュアル

好印象を受ける髪形・服装は?

髪型は、耳を出し、おでこが見えると印象が良くなります。髪が長い方は低い位置で一つにまとめ、短い方は耳にかけるのがオススメです。目立たないピンやゴムを使用して下さい。 髪を染めている方は、明る過ぎない様に髪を染め直すなどのご対応をお願いします。 アクセサリーは極力しないで下さい。 服装はスーツ、またはジャケットとパンツやスカートの様なフォーマルな恰好が好印象です。シャツは白、ジャケットやスーツは紺や黒が清潔な印象を与えます。 シャツに地味目のカーディガンなどを合わせる方もいらっしゃいますが、自信を持って面接官と向き合える服装の方が、堂々と受け答えが出来るので、最低限ジャケットの着用をオススメしています。 ヒールの高過ぎる靴や歩くと大きな音がなる靴も避けた方が良いでしょう。

OKな髪型・服装

  • 髪が長い人…耳を出して、低い位置で1つにまとめる
  • 髪が短い人…顔にかからないように耳にかける
  • 服装…スーツ、ジャケット。色はシャツは白・上着は地味な色(紺色・黒など)
  • 靴…5cm程度の低めのヒールの靴

NGな髪型・服装

  • 髪型…明る過ぎる髪色、長い髪の毛を結ばずに垂らしたままの状態など
  • 服装…カーディガン、普段着、派手な色のスーツなど
  • 靴…ヒールが高過ぎる靴、歩くと大きな音の鳴る靴など

経歴、職務内容について

経験やスキルをアピールできる項目です。履歴書や職務経歴書を作成する際に、プラスして、その時に行った具体的な仕事内容や学びになった体験などを思い起こし、一度、文章にしておくと、自分の中でも整理でき、スムーズに話すことができるのでお勧めです。

仕事に対する姿勢や看護観について

キャリアプランをまだお持ちでない方も、この機会にしっかりとご自身のスキルや看護師としての目標を考え直してみましょう。目標が明確なほど、熱意が伝わり、合格に結びつき易いでしょう。出来れば、就業希望先の理念や看護理念などと自分の思いの接点を見つけ、返答に盛り込むとより好印象です。具体的な目標がある方はそれを伝えましょう。ただし、目標とその病院で学ぶ事が出来る事に差があり過ぎる場合は、本当にその就業希望先に入職して良いか、考えてみると良いかもしれません。

志望理由・志望度について

就業希望先の事を調べる事が大切です。ホームページなどでも情報を収集してみて下さい。
条件面だけではなく、この病院でどんな事が出来るかというポジティブな理由も考えてみて下さい。
病院情報はキャリアアドバイザーにもお尋ね下さい。志望理由の回答のアドバイスも致しますので、キャリアアドバイザーにお気軽にご相談下さい。

転職理由(仕事復帰の理由)について

転居や前職病院の都合以外での転職の場合は、「人間関係がうまくいかなかった」、「いじめにあった」、「病院に不満があった」などのネガティブな理由は極力避けて、なるべく面接に行った病院で出来ると思われる「こんな事にチャレンジしてみたい」、「こんな事を学びたい」などポジティブな理由をお伝えしましょう!
また、転職回数が多いと、印象が悪くなるケースも有りますので、転職に至った理由をしっかりと回答出来る様にしておきましょう。

転居について

「転居が必要な転職」、「転居予定による転職」の場合、入職や入寮などのタイミングもありますので、就業先に必ず伝えましょう。就業先によっては、寮を保有していたり、懇意にしている不動産屋さんをご紹介頂けたり、転居費用の補助をしてくれるところもありますので、お問い合わせ下さい。

給与について

給与面での希望を聞かれる事があります。一般的な模範解答は「規定に準じます」です。
あまりに現実味のない希望条件を出しても、就業先側が驚いてしまいます。
キャリアアドバイザーや人事担当の方に事前におおよその金額を聞いておくのも良いと思います。キャリアアドバイザーに希望を伝えることで、交渉をしてくれるケースもあります。

ホームページの印象について

「ここで働きたい」という思いを伝えるチャンスです。どのページを見て、何を思ったかなどを具体的に答えられると好印象です。

職務内容について

何も聞かないよりは、ご質問をした方が良いです。
看護人数の体制や入院患者さんがどんな人が多いのかなど、具体的に仕事をイメージしているという方が、好印象を与えます。入職してから、「聞いていなかった」と言う事が無い様に、気になる点は質問しましょう!
経験のある事ならアピールにもなりますし、無い事でも「学べる」という思いで返答すると良いでしょう。

あまり条件を聞き過ぎるのはNGです。

「突然休んでもいいのか」、「給与はいくらか」などの質問は、印象が悪くなってしまう場合も有るので、ご質問をする際には注意をする必要があります。キャリアアドバイザーなど担当者に事前に確認すると良いでしょう。
「こんなこと聞いても良いの?」と迷われるご質問が有る場合は、面接前にキャリアアドバイザーに相談してみて下さい!

複数受けても良いのですか?

可能です。最終的にはご自身が満足のいく転職を実現する事が目的になりますので、納得いくまでご面接やご見学をしてみて下さい!

キャリアアドバイザーに希望条件を伝えておこう!

あなたに代わって、希望条件の交渉も致します。面接前に給与、勤務時間、雇用形態などの条件をお伝え下さい。